試合で風が吹いていたら?

こんにちは藤田です。

 

明日は滋賀県で試合が行われます。
天気を心配していましたが、晴れるみたいで良かったです。
すでに30度を超えている日もあるので熱中症にきをつけましょう。

 

アーチェリーの試合は風や雨が強くても行われます。
滋賀県の会場はよく風が吹いているらしいので風のときの対策を身に着けておきましょう。

私が行っている風の日の対策を紹介します。

・できるだけ早く射つこと
・狙い込みすぎないこと。
・エイムオフをする

私は、エイミングが長くなるとミスが増えますし体力的にもきつくなるので、とにかくタイミング良く早く射つように意識しています。
試合の日はどうしても点数を意識してしまい狙いこんでしまうことがよくありますが、あまりいいことはないので長くても5秒で射てるようにしましょう。

サイトを動かさずにエイムオフをするようにしましょう。
なぜエイムオフするのかというと、風が吹いている時にサイトを大きく動かしてしまうと、風が止んだときもにそのまま射つと外れてしまったり、もとの位置がわからなくなるからです。
今吹いている風の強さなら何点分矢が流されるかを考えて、エイムオフする感覚を身に着けれると風の中でも高い点数を出せるようになると思います。

 

初試合の方は緊張するかもしれませんが、楽しんでくだい!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top