不調の時に頑張れるかどうか

誰でも調子がいい時はたくさん練習したくなりますよね。
もっとスコアを出そうと、練習時間を伸ばしたり回数を増やしたりします。

 

それは誰でも同じなので、他人と差を付けることは出来ません。

差をつけるには、調子が悪い時に頑張れるかどうかが重要になります。

 

週に3回以上通っている小学生で、今まで順調に伸びていたのに、急にMを連発するような不調に陥った子がいます。
最初は「練習するのが嫌になったりしないかな?」と心配しました。

でもその子は、以前よりたくさん練習するようになりました
時には泣きながら射っていて、その熱意には感心させられました。

 

私が高校生の時に、大会で負けて涙を流したことがありました。
当時は1試合1試合に本気で臨んでいた気がします。

それが年数が経つにつれて、薄れてきたのでしょう。
私も見習わないといけないですね。

 

皆さんも、調子が悪いからと言ってすぐに練習をやめるのではなく、「ここが頑張りどころだ」と思って練習に励んでみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top