トリガーの適切なトラベルとは?

こんにちは。
代表の神です。

多くのトリガーリリーサーには、トリガーのテンショントラベルの調整機構が付いています。
テンションとは、トリガーを押し込む時の圧力・重さの事です。
トラベルとは、トリガーを押し始めてから、作動するまでのトリガーの移動距離の事です。

 

トリガーリリーサーを使っている人なら、これらについて散々悩むと思います。
考えだしたら止まらないですよね。

絶対にこれが良いという正解はありません
そもそも調整機構が付いているという事は、自分の体に合わせて使いなさいという事です。

 

その上で、私がどうやって調整しているかを交えながら解説したいと思います。

まず私はトラベルを可能な限り短くしています。
トリガーが0.1ミリでも動いたら、作動してしまうくらいですね。

その理由はエイミング中にトリガーが動くと狙いがずれてしまうのと、発射タイミングを掴んでしまうからです。
「発射タイミングを掴んでしまう」とは何のこと?と思う方もいらっしゃるでしょう。

エイム中にトリガーが動いているのを感じると、「後もう少しで作動する」という感覚が分かってしまいます。
するとそれに惑わされて、逆にタイミングが悪くなったりしてしまうんですね。
特に安物や古いリリーサーに多い、トリガーの移動中にガリガリ音がするような物は論外です。

 

ですので私は「トリガーが動き始めた瞬間にはすでに作動している」というタイミングに調整しています。

ただひとつ注意点があります。
トラベルを短くしすぎると、暴発の恐れがあります。
必ず、安全を確保した範囲での調整を心がけてください。
初心者はの方は長めにしておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top