アーチェリー連盟への登録とは?

こんにちは。

4月から新年度ですね。
新年度といえば、アーチェリー連盟の登録、更新があります。
今回は今年度中の新規入会者に向けて、アーチェリー連盟への登録とはどういったものなのかを解説しようと思います。

 

まず簡単に組織について解説します。
はじめに「全日本アーチェリー連盟(通称全ア連)」と呼ばれる組織があり、これが日本のアーチェリーを統括しています。
その下に、各都道府県のアーチェリー連盟・協会や、学生の連盟、高体連のアーチェリー専門部があったりします。
そして滋賀県アーチェリー協会の下に、アシストアーチェリークラブを含む各クラブがあります。

 

選手登録をする時は、クラブを通じて滋賀県アーチェリー協会や全日本アーチェリー連盟に登録するという仕組みになっています。
滋賀県では、全日本アーチェリー連盟の会員か、滋賀県アーチェリー協会のみの会員の2種類から1つを選ぶことが出来ます。
ちなみに全ア連の会員になれば、滋賀県の会員を兼ねますので、滋賀県会員になる必要はありません。

年会費は以下のとおりです。
・全日本アーチェリー連盟登録費
大人    6,500円
高校生   1,500円
中学生以下 1,000円

・滋賀県アーチェリー協会の会員
大人限定  1,500円

 

では何が違うのかというと、出れる試合の種類です。
全ア連の登録をしておけば、県外の公認試合に出ることが出来ます
関西大会、全国大会も同様です。
上位大会を狙う人は、こちらの登録が必須になりますね。

 

滋賀県アーチェリー協会の会員は、滋賀県が主催する記録会にのみ参加できます
県外の公認試合には参加できません。
趣味で楽しみたい大人向けの会員ですね。

 

以上がアーチェリー連盟登録についての解説です。
アシストアーチェリークラブのメンバーさんには、また個別に説明します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top