アーチェリーの道具にかかる金額とは?

甲西アーチェリー場がオープンすれば、多くの方々にアーチェリーに興味を持って頂けるでしょう。
そこで気になるのが、道具にいくらかかるかですよね。

 

ネットで検索してみると、一式で30万円と書いてある記事が出てきます。
アーチェリーの本にも30万円という記載があるようです。

確かに最上級モデルで一式揃えれば30万円くらいするので、間違いではありません。
ですが、絶対に30万円かかるわけではありません
エントリークラスやミドルクラスの弓、中古用品などで揃えることで、もっと安く抑えることができるのです。
エントリークラスなら5万円〜10万円ほど、ミドルクラスなら15万円前後で購入できます。

 

実際に土山で開催しているアーチェリー教室の受講者さんは、7万円台で一式購入されています。
中には、中古や自作品を駆使して、3万円台で始められた方もいます。

そういう安いモデルは性能が悪いのでは?と疑問を持たれるかもしれませんが、そんなことはありません。
エントリークラスでも、十分な命中精度があり、全国大会に出場するくらいなら可能です。

ミドルクラスになると全国でも戦えるレベルの品質になります。
実際、私は現在ミドルクラスの道具を使っていますが、それでも全国のトップクラスで戦えています。

それなのに一般的に30万円かかると言われているのは、安いモデルが国内であまり流通していない事が原因でしょう。
高校生や中学生も、そんな高い道具を買わされているのが現状です。

 

ですがアシストアーチェリーでは、そういうお手頃な道具を多く取り扱っています。
また、全国有数の中古用品を扱っているショップでもあります。
ですので、身の丈に合った道具を適正な価格で購入することができますよ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top