全日本社会人ターゲットの競技方法とは?

こんにちは。

6月5日~6日は、全日本社会人ターゲット選手権がありますね。
私も出場します。

実は全日社会人に出るのは、これで2回目です。
社会人1年目に出て、それからは場所や休みの都合で出ていませんでした。

 

そこで今回は、私自身の復習も兼ねて競技方法の解説をしたいと思います。

競技方法は、一般的なターゲットのオリンピックラウンドです。
全日ターゲットなどと違い、日程が土日の2日間だけなのが特徴ですね。

土曜日の午前中に受付・弓具検査・公式練習があります。
そして午後から全部門一斉に、予選ラウンドが行われます。
予選は2立ち交代制です。

予選が終わると、1/16イリミネーションラウンドが行われます。
要はトーナメントの1回戦ですね。

以上が土曜日の内容です。
2日目の本戦に進めるのは、予選を通過して1回戦で勝利したものだけとなります。
1/8ラウンドから始まる部門に関しては、土曜日の1回戦は行われません。
2日目の本戦では、朝からイリミネーションラウンドが行われます。
これは1対1のトーナメント戦で、2分間で3本射つ事で競います。
リカーブとベアボウはセットポイント制で、コンパウンドは合計得点制です。

通常なら午前中に3位決定戦まで行って、午後から決勝戦を行うはずです。
しかし、今回はベアボウ部門が追加されたので、どういう進行になるのかは分かりませんね。
要項にはそこまで書いていませんでした。

 

さて、私は土曜日の朝に出発する予定をしています。
やはり全国大会の前は緊張もしますが、それよりワクワクしますね笑
明日は早めに休んで、明後日から頑張りたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top