インドアで同じ的に2本射ってしまったら?

皆さん、下の的の点数は何点だと思いますか?
(✕印が矢の当たったところです)

「10,9,6の25点」「9、6、Mの15点」「9,7,6の22点」
など、意見が別れると思います。

 

実際に昨日の試合でこの話が出て、意見が別れました。
選手たちの話し合いでは埒が明かないので、1級審判の方に確認してみることに。

ただ、その方でもすぐには分からない(曖昧な返事が出来ない)とのことで、調べていただく事になりました。

その結果、この場合は「9、6、Mの15点」になるそうです。
まず4本目を射ったペナルティで、最高点削除となり10点がMの扱いになります。
そして真ん中の的は2本刺さっている為、外側の点数である6点のみが採点対象となります。

 

これがもし「10,9,6の25点」ルールだと、1射2射と普通に射って、3射目を真ん中に射った場合、4本目を下の的に射ったほうが得点が高くなります。
要は意図的に、反則である4本目を射つ方が得をしてしまうんですね。
だからインドアの三つ目的で、4本以上射つと最高点削除のペナルティが課せられるという事です。

 

ではこの場合は何点になると思いますか?
昨日の話では出てなかったのですが、このブログを書いていてふと思いました。

ちなみに私も自信がありません笑

私の考えはまず、4本目ペナルティで、10点がMの扱いを受けます。
そして2本刺さっている真ん中の的は6点とMなので、Mが採点対象になり、「9、8、Mの17点」となります。

 

 

では最後にこれは何点でしょうか?
3級審判ですらない私にはもう分かりません笑

「インドアで同じ的に2本射ってしまったら?」に2件のコメントがあります

  1. アバター

    10ー9ー8ーMの最高点10がMになり4個目に記入して、
    9ー8ーMーM として、低い点から3個採用すると、スコアは計8点でしょうか。よく分かりません。

    1. 神 省吾

      私もそれ以外にやりようが無いように思うのですが、自信がありません…笑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top