サイトは良いものを使いましょう

こんにちは。

ここ数年、低価格な弓具が普及してきましたね。
ハンドル、リムなどの大きな物から、サイトやプランジャーのような小物までラインナップが豊富です。
矢なんかは、世界レベルでも実績を残しつつありますね。

アシストアーチェリーでは、そういった低価格な商品を中心に販売しています。
初心者の方が大半ですからね笑

ただ、何もかも低価格な物が良いのかと言われると、そうとも限りません。
中にはある程度の値段がする物を揃えるべきパーツがあります。

 

今回取り上げるのは、サイトです。
上級モデルだと5万円前後、それなりの中級モデルで2〜3万円、安いものだと1万円以下で買うことが出来ます。
ジュニア用や、体験用の弓に使うような物だと、2,000円くらいで買えます。

競技志向の方や、練習頻度が週2以上の方には、初心者であっても中級モデル以上をおすすめします。
特にコンパウンドの場合は、ある程度良いものを揃えるべきだと思います。

 

理由は壊れやすさや、緩みやすさですね。
サイトは高いものでも安いものでも、狙う事が出来れば的中能力には問題ありません。
きちんとセットアップされたサイトであれば、どの価格のサイトでも10点に当たります

だからといって安すぎる物にしてしまうと、後々困ることがあるのです。

 

まず、安いサイトは作りが荒いため、射った時の振動であらゆるネジが緩んできます
サイトブロックをエレベーションに固定するための樹脂パーツのネジや、ブロックとサイトピンを連結させているネジなどですね。
いずれも緩むと、サイトピンが毎回違う所に来てしまいます。

せっかくいい調子だったのに、サイトの緩みのせいでミスをしたらショックですよね。
そういう不要な失点を防ぐためにも、サイトはある程度の物をおすすめします。

 

私も少し前まで低価格な道具で揃えていましたが、サイトだけはAXCELのXPサイトを使っていました。

私自身ショップを始めてからのここ数年で、エントリーモデル〜最上級クラスまで、本気で使用してきました。
今後はその経験を元に、それぞれの価格帯の道具の実体験も書いていきたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top