試合の設営と後片付け

試合では選手全員で、会場の設営と片付けをするのが基本です。
今日は始めて試合に行く方向けに、設営や片付けの手順を簡単に解説します。

とは言っても、設営手順は開催する県や試合によって多少違います。
まずは周りの人に、何をしたら良いか聞きながら設営に参加するようにしましょう。

 

1.脚を運ぶ
まず最初にしなければならないのが、畳を載せるための脚を設置する事です。
基本的に脚は折りたたみ式になっているので、的を置く線まで運んでから組み立てましょう。
1人だと重たいので、2人で運ぶと良いです。

ちなみに、的を置く線やシューティングラインなどは主催者が設置しますので、選手がやる必要はありません。

2.畳を運ぶ
脚が設置できたら、次は畳を乗せます。
畳は1枚で30Kgほどあるので、2人で運びましょう。

3.風で飛ばないようにする
風で畳が倒れないように、畳に紐を取り付け、それを地面に杭を打って止めます。
これは難しいので、他の人に聞いてからやりましょう。

4.的番、旗を刺す
その畳が何番の的なのか、立ち順を決めるための的番を設置します。
左から順に1から置いていきます。

そして、風がどの方向から吹いているのか判断するための黄色い旗を、畳の上に刺します。

5.的を貼る
最後に的を貼ります。
ルールで的の高さが決まっているので、専用のゲージを使用して貼ります。
この時、的にしわが寄らないように、押さえながら貼るようにしてください。

 

以上が設営の簡単な手順になります。
後片付けはこれを逆の順にやれば問題ありません。

文章で書いても中々イメージしづらいですし、まずは他の人に聞きながら行うのが良いでしょう。
きっと誰でも優しく教えてくれるはずです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top