全日フィールドに向けて

こんにちは。

いよいよ今週末は全日フィールドですね。

昨日はその設営があったようで、甲西アーチェリー場によく来られている方も設営に参加して頂いたみたいです。
我々選手は、そういう方たちの協力のおかげで試合に出れるという事を忘れてはなりませんね。

特に全日などの大きな大会では、設営・運営・後片付けなどを、全て大会役員の方や地元の選手の方がやってくれます。
ありがたいですね。

 

そして今日は、全日に出場される選手が遠方から練習に来られました
本番に向けて真剣に調整されていました。

それを見て、私も気が引き締まる思いがしました。

 

さて、そんな私も全日に向けて最終調整をしています。

フィールドで大切なのは、どれだけ事前の準備を念入りに出来るかという事だと思っています。
正確なサイトチャート・距離読みの準備・持ち物など、準備するものはたくさんあります。

サイトや距離読みをしっかりしておくのは当然として、持ち物にも気を配る必要があります。
特にフィールドでは山を歩きながら競技するので、持ち物の取捨選択をしなければなりません。

 

弓具トラブルがあった時のために、出来るだけ多くの工具や予備パーツを持っていきたい所ですが、あまり荷物が多すぎると移動で体力を消耗してしまいます。
特に今回の会場はスキーのゲレンデで行われるので、高低差が数十メートルはあるでしょう

2年前はゲレンデの頂上にあるポストからスタートだったので、ゲレンデを2周した事になります。
そうなるとやはり移動で体力を奪われましたね。

 

今回はその経験を元に、出来るだけ軽装で、出来るだけ行射以外で体力を使わないように工夫しました。
あとは明日、忘れ物のチェックをするだけですね。
私は家から通うので、忘れ物があっても取りに帰れますが笑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top