押し引きのバランスを考える

皆さんは押し引きのバランスを意識していますか?
私は昨日の試合で、意識が薄れてしまいました。

 

リカーブの人は「伸びる」ので、割りと意識しやすいでしょう。
セッティング的にも、弓が軽く先端が重たいため、方向性も取りやすいのもあります。

押し引きの比率は、50対50の割合が一般的ですね。
すると軸がブレること無く、安定したフォームが実現できます。

 

ではコンパウンドの場合はどうでしょう。
コンパウンドはドローストップが付いているので、「伸び」る事はできません。
セッティングによっては、サイドにウェイトをたくさん付けて、重心を手前側にもってくる場合があります。
すると方向性が取りにくいですし、押し手の肘を曲げているので力加減も難しいでしょう。

かと言って、押し引きのバランスを無視して良いわけではありません。
むしろリカーブより重要だとも言えます。
比率はリカーブと同じで50対50です。

 

ポイントは、物理的に「伸びる」事はできないので、意識的に「伸びる」ようにすることです。
そうすることで方向性が取りやすいですし、バランスを感じやすくなります。

私も、今週末の試合までこれを意識していきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top