甲西で練習する時はストレッチを念入りに

寒ければ寒いほど、故障の確率は高くなります。
冬の間はストレッチを念入りにしなければならないのは、その為ですね。

 

先日、いつも行っている整骨院で「甲西アーチェリー場で練習する時はストレッチを念入りにしてください」と言われました。
冷房が入っているので、急に動くと肩を壊しやすくなるからだそうです。

 

甲西アーチェリー場の温度は、26度ほどに保たれています。
冬に比べれば高いですし、全然気にする必要はなさそうに見えますよね。

しかし、甲西アーチェリー場の場合、外との気温差が問題になってきます。
外の気温が40度近くあって、射場の温度が26度前後なので、時には10度以上の差が生まれてしまいます。
冷房後の温度が大したこと無くても、元々の気温との落差が大きいほど気を付けなければなりません。

 

ですので甲西アーチェリー場で練習する時は、普段よりも多くストレッチをしてください。
私は普段から、レッスンを受ける人はもちろん、練習だけの人にも「体操しましたか?」と声をかけています。
「なんやうるさいなあ」と思わずに、体操はしてください笑
何かが起こってからでは遅いので。

 

ただ館内に入ってきてすぐ射ち始める皆さんは、体が冷える前に射てるので、そこまで心配しなくても良いそうです。
それよりもずっと館内にいて、体が冷え切った状態から射とうとする、私の方が危険だそうです笑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top