第2回アシストカップのレポート

突然ですが、2020年3月8日に行われた、第2回アシストカップの振り返りをしたいと思います。

まず要項に書いた部門から、少し変更がありました。

 

元々はリカーブ18m・10m・5m、コンパウンド18mの4部門とする予定でした。
しかし、小学生の成長が早くみんな10mの部に出れそうだったので、5mの部にエントリーする人がいませんでした。
そしてコンパウンド部門の人数が多くなったため、男女で部門を分けました

 

さらに、親子・兄弟姉妹・夫婦で参加される方が多かったため、急遽家族の部を新設しました。
それぞれの家族の中で上位2人のスコアの合計点で勝負します。
3人以上で出れば少し有利になります。

そして家族の部はハンデ制で行いました。
ハンデの決め方は、最近の試合や練習の点数に、ハンデをプラスして600点になるようにしました。
基準となる点が550点ならハンデが50点という具合ですね。
普段通りの点が出れば2人合わせて1200点になる計算です。

 

6組がエントリーしたのですが、3位までが1200点超え、4位以下は1200点未満という結果になったので、ちょうどいいハンデが付けられたと思います。
評判も良かったので、今後のアシストカップでも継続して行きたいと思います。

 

さて、長くなるので今日はここまでにします。

明日はNHKの放送日です。
18時30分から放送される「おうみ発630」という番組の1コーナーで紹介されます
ぜひご覧ください!

明日は滋賀県内でけでの放送ですが、後日関西全域でも放送される予定です。
そちらは日程が分かり次第、案内します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top