消耗品は正しい頻度で交換しましょう

こんにちは。

みなさんは消耗品をちゃんと交換していますか?

アーチェリーの道具には、様々な消耗品があります。
代表的なのは、弦、タブ革、コンパウンドのレストブレードなどですね。

長期的に見れば、矢も消耗品に入ります
たとえ折れたりヒビが入っていなかったとしても、畳との摩擦によりシャフトの表面が摩耗していきます。
それによってスパインが微妙に変わってくるんですね。

 

そしてトップ選手の中には、スタビライザーやダンパーも消耗品として定期的に交換している人もいます。
スタビやダンパーなんてどれだけ使っても一緒だと思えますが、実際は年単位の使用によって少しずつ性能が落ちたりします。
トップレベルの人たちは、そういう鋭い感覚の世界でプレーしているんですね。

 

大多数の選手はさすがにそこまで気を配る必要はありませんが、せめて弦やタブ革くらいは定期的に変えましょう

リカーブの弦は1〜3ヶ月に1回くらい、コンパウンドの弦は半年に1回くらいが目安です。
もちろん練習量や使用状況にもよりますが。
タブ革も半年くらいで交換する事をおすすめします。

 

そして出来れば同じ弦や革を2つ用意して、1週間ごとに交代するようにしましょう。
すると予備として使える、使用期間が同じ道具が2つ出来上がります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top