調子が悪い時の練習が大切

練習で調子が悪いとき、「当たらんしもうええわ!」と思って適当に練習したり、練習を止めたりしていませんか?

そうしたい気持ちは分かりますが、それでは不調から逃げているだけです。
試合で同じ状況に陥った時に、挽回する力が身につきません

 

ただの記録会なら「今日は悪い日だ」と諦めることもできますが、大きな大会ではそうは行きません。
たとえ不調であっても、1点でも高い点数を出す必要があります。
実際にその1点で勝敗が決まることも少なくありません。

 

そういう場面で1点でもスコアを上げるためには、不調の時に何が原因なのかを特定しできるだけ早く修正するという練習をする必要があります。
それが積み重なって、不調の原因が瞬時に判断できれば、試合で不要な失点を防ぐことが出来ます。

調子が悪いときこそ、成長のチャンスです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top