練習時間=練習量ではありません

こんにちは。

上手くなるには、練習量を積み重ねる必要があります
練習せずに上手くなるというのは無理な話です。

それはみなさん、よくお分かりだと思います。
分かっているからこそ上手くなりたい人ほど、たくさん練習しているはずです。

 

しかし、中には長い時間練習することを、練習量を積み重ねる事だと勘違いしている人がいます。
「長く練習する」「毎日練習に行く」「長く射場に居る」事で、上手くなると思ってしまっている人です。
特に「長く射場に居る」事で、自分は頑張っていると思い込んでいる人は危険です。

 

確かに毎日長時間練習するのは、一定の効果があるでしょう。
しかし、中身が伴っていなければ、たくさん練習しているのに上達しないという状況に陥ってしまいます。

 

その中身とは練習の質、練習の密度です。
質について詳しく書くと長くなるので、今回はあまり触れません。
要は集中して自分の意識するべきところをきちんと意識する、しっかり考えるという事です。

そして練習の密度とは、1時間の練習で何本射ったかという話です。
同じ1時間の練習でも、みっちり射ち込んでいる人と、休憩しながら射っている人では当然ながら差が出てきます。
もちろん必要な休憩は大切ですが、それも時間を決めて取りましょう。

 

ダラダラ点取りしている人も要注意ですね。
練習はメリハリを付けて、きびきびと行うのが基本です。

これを機に今一度、自分の練習を見直してみてはいかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top