2021年全日本フィールドアーチェリー選手権大会に出場しました!Part2

こんにちは。

前回は予選ラウンドまでの様子を書きました。
マークド194点、アンマークド199点の合計393点で、4位通過でした。

最終日は雨の予報でした。
ここで注意しなければならなかったのは、米原市の天気ではなく、グランスノー奥伊吹の天気を見る必要があるという事です。
米原市は曇りや晴れだったのに、山の上では雨という事がよくありますからね。

今回もそのパターンで、奥伊吹だけ大雨でした。
私は雨の対策をしていたので良かったですが、中には薄着で来ていた人もいて、寒そうにしていましたね。

 

1回戦が始まってすぐくらいに降り出して、3ポスト目に到着するくらいにピークが来ました。
それはもう土砂降りでしたね。
同行していた審判の方が本部に中断するかどうかの確認を取るレベルです。
しかし返答は、「続行してください」とのこと。

大雨の上、風も結構吹いていて2分で射ちきるのは難しいコンディションでした。

 

私はそのコンディションに加えて、早く射つ練習が不十分だったため、ミスが出てしまいました。
特に時間が足りなくて、トリガーを押し込んで射たなければ間に合わないという場面がありましたが、やはりまだそれが出来ませんでした。
昨年の全日ターゲットから、トリガーを押すことに対して、心がストップをかけてしまっているんですね。

そして1回戦で敗退という結果に終わりました。

 

反省点は、早く射つ練習が足りなかった事と、体重・パワー不足だったという事です。
トリガーの扱いについてはすぐに改善できる物ではないので、元々1年以上かけるつもりでした。

それはいいとして、パワーや体重がまだまだ足りませんね。
風が吹くと揺れますし、山を歩くとすぐに体力がなくなります。

来年に向けて、しっかり体作りをしていきたいと思いました。

 

そして、午後からは時間が出来てしまったので、滋賀のターゲットの記録会に参加しました笑
なんと同じ日に滋賀で記録会をやっていたんですね。

午前にフィールド、午後にターゲットという前代未聞の試合に出たことになりますが、それについてはまた次回にします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top