2021年全日本フィールドアーチェリー選手権大会に出場しました!Part1

こんにちは。

5月7日〜9日にかけて行われた、第50回全日本フィールドアーチェリー選手権大会に出場しました。
去年はコロナで中止だったので、2年ぶりの全日フィールドですね。

私がフィールドを始めたのがその1年前で、今回は2回目の全日フィールドになります。

 

まず1日目は、公式練習ですね。
その日は雨が降っていたので、練習しないという選択もあり得ました。
しかし、普段インドアの練習しかしていないので、雨が弱まったタイミングを見計らって数エンド練習しました。

ただ、雨が弱まっただけで風は吹いていたので、練習になったかと言うと微妙ですね笑
サイトチャートが合っているという確認と、ピープの穴が小さく見えてしまうという不具合の発見が出来たので良しとしましたが。

 

2日目は予選ラウンドです。
コンパウンドは午前がマークド、午後がアンマークドでした。

朝は8時から練習会場がオープンして、4エンドほど練習が出来ました。
私は家から会場まで通いだったので、家を出たのは5時過ぎでしたね笑

その練習では、前日に問題だったピープの大きさの調整をしました。
インサートを変えるだけで大きさが変えられるピープを使っているのが不幸中の幸いでした。

 

そして午前のマークドは194点で3位でした。
コースの難易度からすると、もう少し出せるはずですね。
白梅のコースと、2年前の全日しか周った事がないので、初見のコースに惑わされてしまいました。

 

アンマークドは少し苦戦しましたね。
事前に距離読みの準備はしていましたが、甲西アーチェリー場の室内で行った準備だったのがミスでした。
実際に外で狙ってみると、的の見え方が全然違って、距離読みに誤差が出てしまったんですね。

それでも直前の練習でなんとか調整できて、本番では誤差2m以内には読めたはずです。
アンマークドは199点で、トータル4位で予選通貨となりました。

 

今回はアンマークドはあまり重要視していませんでした。
ただ、来年は世界選考もあるので、1年後に向けてもっと精度を上げていきたいですね。

さて、今日はこのくらいにして、続きは次回にしたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top