2020年10月11日京都白梅杯フィールド大会

こんにちは。

今日は京都の白梅スポーツクラブで開催された、白梅杯に参加しました。

フィールドの試合に出るのは久しぶりですね。
関西では京都でしか開催されない上に、コロナで出場制限があって出たくても出れませんでした。
確か3月の試合が最後だったので、7ヶ月ぶりくらいだと思います。

 

その時から、矢、ポンド、リリーサー、弦などなど、色々変更したので前のチャートは使い物にならない状態でした。
外に練習しに行く時間もなかったので、チャート作りは当日の朝にやりました笑
予想していたチャートより、50m時点で1m分のズレくらいで収まったので、余裕を持って修正することが出来ました。

 

さて、結果はこんな感じでした。

ちょっと微妙ですね…
午前は射ち上げ、射ち下ろしの時の矢筋の向きが定まっていませんでした。
ただ、ボロボロの割にはなんとか190点は確保できた感じですね。

 

午後はそのあたりを修正することが出来たのですが、18点のポストが1つもありませんでした笑
今までで初めてかもしれませんね。
満射なしで193点というのも、中々珍しいのではないでしょうか。

白梅ベテランの人は分かると思いますが、2番ポストで17点を出した後、3番で15点だったり、7番で16点の後に8番で14点を射つなど、めちゃくちゃでしたね。
なんで難しい的より、簡単な的の方が悪いのか…笑

 

この試合で得た課題は、リリーサーの押し込み、矢筋の通し方、しっかり伸び合いを意識するということですね。
「全日ターゲット前にフィールドで遊んでたらあかんで」と言われたりしましたが、ターゲットの試合に行くより気付きは多かったと思います。

あと3週間、しっかり調整していきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top