空射ち禁止!!!

アーチェリーで守らなければならない事とは何でしょうか?
弓を人に向けない
アッパードローイングをしない
矢取りは一斉に行く
などなど、安全を確保するために守らなければならないルールはたくさんあります。

 

それと同じくらい大切なのが、空射ちをしない事です。

空射ちとは、矢をセットしていない状態でフルドローし、発射することです。

空射ちをしてしまうと、本来矢に伝わるはずのエネルギーが弓に返ってきて、破損します。
1発でぶっ壊れると思ってください!

空射ちでの破損は保証の対象外です。
新品の弓を買って、1射目で空射ちをして壊したとしても、保証されません。
絶対にしないようにして下さい。

 

なぜこの記事を書こうと思ったかというと、今日その場面に居合わせたからです。

犯人は私の弟です笑
私が受講者さんのレッスンをしている最中に、隣の練習レーンで近射をしていて、矢を番えるのを忘れて空射ちしたそうです。

私が9万円のサンリダを使っているのに、弟は贅沢にプライムの弓を使っています。
今回は壊れていなかったようですが、もし壊れていたら勿体ないどころの話ではありません

みなさんも注意して下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top