アーチェリーで鍛えるべき筋肉とは?

筋力トレーニングなどをメニューに入れていく必要があります。 いくら技術が高くても、パワーが無ければそれだけ不利になりますからね。   ではアーチェリーに必要な筋肉とはどこなのでしょうか。 体を安定させるためには、体幹が必要ですし、弓を引くためには、背筋が必要です。 一般的によく言われるのがこの2つですね。 それは間違っていませんし、特にアーチェリーを始めたばかりの方はここを重点的に鍛えるのをおすすめします。 私がアーチェリーを始めた時は、3ヶ月くらいずっと筋トレばかりでした。 それだけ基礎となる筋肉だと言うことですね。   ただトップレベルを目指す選手には、それでは不十分です。 ではどこを鍛えれば良いのかというと、「全身」です。 なんだそんなことかと思われるかもしれませんが、スポーツ選手であれば、全身を鍛えるのは当たり前です。 陸上選手やサッカー選手が足だけ鍛えるでしょうか? そうではありませんよね。 アーチェリーも同じです。 アーチェリーは上半身しか動かないからと、上半身ばかり鍛えてしまう人が多いです。 上半身を鍛えると、弓を重くできたりポンドを上げたりできるので、そっちに目が行ってしまうのは仕方がありませんが。 しかし、それを支える下半身がしっかりしていないと意味がありません。 鍛えても安定感が増すだけなので、成果を感じにくいですが、地道にコツコツ鍛えていくのが重要です。   偉そうに書いていますが、私もここ最近になってやっと下半身の強化を始めたばかりです笑 ランニングを始めたり、ウェイトトレーニングに下半身のメニューを追加したりしています。 しかしいきなり負荷をかけすぎたのか、1ヶ月ほど前に膝を痛めてしまいました。 そして治って来たと思ったら、今度は足首を痛めてしまい、現在も治療中です。 そんな中、3日ほど前に階段の手すりに膝をぶつけてしまって、打撲の怪我を負ってしまいました笑 鍛え始めた途端にボロボロになってしまいましたが、今までサボっていたツケが回ってきたという事ですね。 今後は無理をしない範囲で、コツコツ鍛えていきたいと思います。]]>

「アーチェリーで鍛えるべき筋肉とは?」に2件のコメントがあります

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top