モチベーションなんて関係ない

こんにちは。

GAカップ全国大会や、GAの全国育成選手選考会が中止になりましたね。
そして全日ターゲットは、トーナメントが無しになり、予選ラウンドだけで勝敗を決めるというルールに変更されました。

ほぼ同時期にやる全国大会なのに、何で子どもはだめで大人は大丈夫なのかは理解できません。
小中学生だって本気で毎日練習していますよね。

 

ただ、もう決まったことをどうこう言っても仕方ありません。
次の目標を設定して、進みましょう

こういう状態になると、「モチベーションが下がる」という人が出てきます。
目標とする試合が無くなって、残念なのは分かります。
それが競技人生の最終目標とする試合なら、モチベーションが下がるのも分かります。

 

でも、もっと先を見据えているのであれば、モチベーションなんて関係ありません
目先の試合が無くなったとしても、最終目標に向かって軌道修正しながら毎日練習を積み重ねていくのです。

やる気が有るか無いかは関係なく、息をするように練習する人が、頂点に立つことが出来ると思います。
「今日は練習に行こうかな〜?」と考えるのではなく、考えるより先に「今日は何時から何時まで練習して、他の時間で○○して〜」のように練習するのが当たり前という状態ですね。

私もこの2年ほどで数々の試合が無くなってきましたが、練習のペースを落としたことはありません。
最近は嬉しいことに仕事がたくさん入ってきて練習本数は少なくなりがちですが、その分自宅でトレーニングの量を増やしています。

「今は試合が無いから休もう」という気持ちでは、その間に毎日積み重ねている人に勝つことは出来ませんからね。

 

こういう状況になると、真のトップ選手とそうでない選手が明確に分かれるような気がします。
みなさんも真のトップ選手になれるように、今だからこそ頑張りましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top