ボウスリングの長さを気にしましょう

ボウスリングの長さは定期的にチェックしていますか?

素材によっては少しずつ伸びて、長くなっている場合があります。
絶対に伸びない素材でも、結び目が締まってきたり、素材が柔らかくなったりして、長くなることもあります。

 

長いボウスリングを使っていると、弓が飛び出しすぎて落ちるかもしれないと思い、無意識の内にグリップを握り込んでしまう事があります。
実際にはどれだけ飛び出しても落ちることはありませんが、体が勝手に反応してしまうんですね。

そしてこの状態は、自分では中々気づけません
まわりに指摘されるか、握り込んでいないかを意識してチェックする必要があります。

 

ボウスリングの適正な長さは人それぞれで、好みもあります。
基準としては、安心して手首をリラックスできる長さが良いでしょう。
信頼できる長さですね。

 

私は結構短めが好きで、エイミング中にボウスリングが少し食い込むくらいにしています。
その方がグリップと押し手が一体になった感じがして、肩から押すイメージを掴みやすいからです。

みなさんも色々と試してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top