自分のドローレングスを知る

ここ2日間、滋賀ヒットクラブの合宿に、指導者として参加していました
色々アドバイスをしていたのですが、1番気になったのはドローレングスが合っていない人が多いということです。

これは特にコンパウンドの選手に多いですね。
コンパウンドは仕組み上、多少ドローレングスが合っていなくても射ててしまいます。
だからこそ、より気を付ける必要があるのです。

私の適正レングスは27.5インチですが、26〜28.5インチくらいならあまりフォームを崩さずに射てます。
だからと言って適当に合わせるのではなく、私は8分の1インチ以下の精度でレングスを合わせています。
それ以上のズレがあると、射型がおかしくなってしまうからですね。

 

 

ではどのようにして、自分の適正レングスを見つけたら良いのでしょうか。
まず、周りに信頼できるベテラン選手がいる場合は、その人に見てもらいながら決めると良いでしょう。

そういう人がいない場合は、自分で何通りも試してみるしかありません。
できれば自分の射型をスマホでもいいので、撮影しながらだと捗ります。

気を付ける点は、矢筋がまっすぐ通っていて、押し手の肩が詰まったりしていないかどうかです。
矢筋が通っていないとレングスは短くなりますし、通り過ぎていても良くありません。
押手の肩が詰まるのは早急に修正する必要がありますね。

 

そのようにしてまずは、カムで調整できる範囲でレングスを決めます。
ただ、それで調整できるのは半インチ〜1/4インチくらいの範囲です。
それ以上の細かい調整は・Dループで調整しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top