運も実力の内に入るのか?

こんにちは。
明日は甲西アーチェリー場で、小中学生リモート大会を行います。
今日は夜に設営をしましたが、小学生のメンバーが手伝ってくれました。

 

さてみなさんは、アーチェリーにおいて「運も実力の内」という言葉は正しいと思いますか?

中には運など存在せず、全て自分の実力で結果が左右されるという考えの方もいるでしょう。
「運などという不確定なものに頼るのではなく、自分の努力、実力を信じるべき」と聞けば、その通りだと納得しますよね。

 

しかし、私は運も実力の内に入ると考えています。
よく「心技体」という言葉を目にしますが、それに運を追加した「心技体運」でも良いんじゃないかと思うくらいです笑

もちろん実力のベースとなるのは、日々の練習で培った技術、鍛え上げた体、高めたメンタルです。
あくまでも運は付加価値というか、プラス要素に過ぎません。
単に運任せにしているだけでは上手くなりませんからね笑

しっかり基礎的な実力を備えた人が、運を味方につけると良い結果を生み出すことができるのです。

 

ではどうやって運を味方につけるのか。
運を鍛える方法のような本は無数に存在します。
非科学的な分野ですし、何が正解なのか正しい理論は無いのかもしれません。

私が行っている方法を大雑把に言うと、自分が強運の持ち主だと確信することです。
そうやって運がいいと思っている人の所に、運が集まってくるものだと思っています。

 

この機会に、ぜひ運という要素にも目を向けてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top