試合の時は意識を大きく

試合になると、どうしても射型が小さくなりがちです。
その結果、緩んだり、普段はしないようなミスが出たりします。

それは緊張が高まると、指先や的やサイトピンなど、小さなものに意識が集中してしまうからです。
的やサイトピンに集中してしまうと、狙い込んでしまい、タイミングがずれたり軸がふらついたりします。
指先に意識が行くと、伸びれなかったり、力の入ったリリースになってしまったりします。

 

試合に行くと、決まってグルーピングが右に寄ってしまうという人は、この状態の可能性が高いです。
普段の練習ではのびのび射てているのに、試合になると小さくなって緩みがちになるんですね。

 

それを防ぐためには、試合の時こそ大きな部分を意識する必要があります。
背中の動きや、グリップから引手の肘までの位置など、大きな範囲の意識ですね。

特に私は背中の動きに注意するようにしています。
ここがしっかり動いて、矢筋を通すことができれば、大きなミスはしなくなります。

 

とまあこんな感じで、試合じゃない時には偉そうに言ってますが、試合になると忘れがちになるんですよね。
昨日の試合も、そういうのが原因の失点はいくつかありました。
ついつい小さなことに気を取られて、大事なことを忘れてしまいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top