スタンスの大切さ

スタンスだと考えています。 例えば他が完璧にマスターできていたとしても、立っている向きが1°でも違えば数十メートル先の的では全然違うところに当たります。 実際は上半身でうまく調整するので、向きの違いがそのまま的に影響する訳ではありません。 ですがそれでは毎回同じフォームとは言えませんよね。 理想のフォームでは、毎回的に対して同じ向きに立つ事が重要です。 それが出来てから、それ以外の動きをマスターしていくのです。   ではどうやってマスターしていけばいいのでしょう。 実はスタンスは一番大切ですが、その割に一番簡単にマスターできる部分でもあります。 リリースや軸なんかは同じ動作をするのが難しいですよね。 それは動きが一瞬であったり、動きが目で見えないので感覚で把握するしかないからです。 その点スタンスはゆっくり決めることができますし、目で見ることもできます。 さらにシューティングラインという、どんな会場でも絶対に存在していて、必ず的に対して並行に引かれている目印まであります。 後はそのシューティングラインに対して、毎回同じ向きで立つようにすれば完成です。 毎エンドごと、シューティングラインに入ったらスタンスを目で見て、毎回同じかどうか確認しましょう。   私はそれを合わせやすいように、右足をシューティングラインに対して並行になるようにしています。]]>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top