全日インドアで優勝しました!!!!!

こんにちは。

昨日行われた、第30回全日本室内アーチェリー選手権大会のコンパウンド男子の部で、優勝しました!!!!!
2015年度の全日ターゲット以来、5年ぶりの全日優勝となりました!!

いつも私を支えてくださるアシストアーチェリークラブのメンバーさん、教室受講者さん、射場利用者さん、応援してくださったみなさんのおかげです。
ありがとうございました

 

書きたいことがたくさんありすぎて1日では収まりきらないので、今日はどんな試合運びをしていたのかを書きたいと思います。
結果はこんな感じですね。

実はここ2週間ほど、肩の調子があまり良くありませんでした。
しっかり体操してから射ち始めても、2エンドくらいは肩が痛く、柔らかく動くまでは4エンドくらいかかってしまう状態でした。

普通の記録会だとプラクティスが2回しかないので、本調子になる前に試合が始まってしまうでしょう。
でも、全日ではプラクティスが5回ほどありましたし、アイドリングレーン(近射レーン)の開放もありました。
そのおかげで、本番1エンド目から30金でスタートすることが出来ましたね。

 

ただ、その後は緊張に押しつぶされて、29点ばっかりでした…
最後の1本を10点に入れれば30金という場面で、何回も9を射っていましたね笑
それでも1本目に9点を射った時に、残りの2本をしっかり10点に入れるという最低限の底力は見せることが出来ました。

 

試合中は速報を見ないようにしていましたが、前半が終わった時点で周りの雰囲気から察するに「どうやら上位にいる」というのは分かっていました。
後半の1エンド目はその考えが邪魔をして、少し力が入ってしまって28点を射ってしまいました。
その後も調子を戻せずに、5エンド終了時で143点でした。

そこからは自分に「今できる精一杯の事をやろう」と言い聞かせることで、なんとか調子を戻しました。

 

最終エンドの時は、「俺ならこの最後の場面で絶対に30点を出せる」という自信があったので、ほとんど緊張はありませんでした。
なぜその自信があったのかというと、インドアシーズンに入ってからの4ヶ月間、最終エンドの対策をしっかりやっていたからですね。
その対策についてはまた別の記事で書きます。

 

ただ、最終エンドが終わってすぐにガッツポーズで喜べた訳ではありませんでした。
そもそも速報を見ていなかったので、自分が何位なのか分かっていませんでしたからね。
なんとなく上位にいるのは間違いない、もしかしたら1位かもしれないとは、雰囲気で分かってはいましたが笑

それに速報では1位でも、入力間違いで確定記録では順位が違うという可能性を考えると、すぐには喜べませんでした。
ランキングラウンドで勝敗が決まるというルールだと、なんだかその辺が複雑な感覚ですね笑
最終、記録が確定するまでの数十分は、喜びと不安が入り混じった不思議な時間でした。

 

以上が大まかな試合の流れです。
長くなったので、今日はこれくらいにしておきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top