練習できない時に体力を落とさないようにする方法

社会人になると、長期間練習できない事がよくあります
私も甲西アーチェリー場オープンの準備で忙しく、ここ2週間ほど練習できていません。
最後に距離を射ったのは6月23日の試合ですね。
4日ほど前に30分くらい近射はしましたが笑

 

そういう時に心配なのが体力の低下ですよね。
毎日練習している学生なんかは、数日練習しないだけで引けなくなったりします。
週1〜2の社会人はまだマシですが、それでも2週間も射たなければしんどくなってくるでしょう。

家に近射するスペースがあれば、数エンド射つだけでも全然違います
素引きでも大丈夫です。

 

でもそれすらままならない時は、ストレッチや軽い腕立て伏せだけでもやってみてください。
筋肉は数日使わなかったからと言って、すぐに落ちるものではありません。
しかし、長時間同じ姿勢でいたりすると、固くなってしまいます。

そこでストレッチだけでもしていれば、筋肉を柔らかく保つことができるのです。
軽く筋トレをすれば刺激が入るので、なお良いですね。

 

私はストレッチはしていましたが、トレーニングまではできていませんでした。
すると整骨院に行った時に、肩周りが固くなっていて、練習していないのがすぐにバレてしまいました笑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top