道具以外の費用はいくらかかるの?

こんにちは。

オリンピックの効果もあり、7〜8月は体験入会の申込みが殺到しました。
そろそろ4回の体験が終了して、本格的にアーチェリーを始めようかどうか迷われている方が多いです。

 

悩むポイントの一つに、費用の問題がありますよね。

レッスン料はホームページに記載してある通りです。
道具はグレードにもよりますが、7万〜30万円ほどになります。

今回はそれ以外の費用について、解説したいと思います。

 

アーチェリー連盟登録費=1000円〜6500円(年1回)
保険料=1000円〜2000円(年1回)
これらは年間費用となり、毎年4月に発生します。
金額に幅があるのは、年齢の違いです。

試合の参加費=500円〜3000円(1試合)
試合に出るには参加費が必要となり、年齢や部門によって変動します。

消耗品代=0円〜2000円(1ヶ月)
アーチェリーの道具には消耗するパーツがあり、定期的に交換する必要があります。
練習頻度によりますが、平均で月に数百円かかります。

矢の購入費=1ダース8000円〜3万円(不定期)
矢も消耗品の内ですが、高額なので分けました。
こちらも練習頻度によって変わります。
長持ちする人だと1ダースで、2年くらい持ちます。
毎日練習する人だと、年に2〜3ダースくらい購入する場合もあります。

 

大まかに分けるとこんな感じですね。
やはり金額が大きいのは、試合の参加費と矢の購入費ですね。

試合費は大人だと1試合で3000円します。(これでも滋賀は全国的にも試合費が安い方です笑
子どもだと500円〜1500円程度ですね。

あとは、たくさん練習すると矢が壊れてしまいます。
こればかりは必要なものなので、仕方ないですね。

費用面で迷われている方の参考になればと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top