ミニアシストカップを開催しました!

こんにちは。

昨日はミニアシストカップを開催しました。

本来なら昨日と今日は滋賀の試合があったのですが、コロナの感染拡大によって中止になってしまいました。
その代わりに、アシストアーチェリークラブの小中学生のメンバーで、試合形式の練習をやったという感じですね。

もちろんマスクの着用、換気、消毒、間隔の保持など、感染対策は十分に行いました
集まったと言っても、普段射場で練習しているメンバーですし、10人程度での開催です。

 

午前が予選ラウンドで、午後がトーナメント戦になります。

人数の関係で、6年生以上の部(中学生を含む)と、5年生以下の部の2つに分けて行いました。
6年生以上の部の予選は、18mを40cmを36射、80cm的を36射です。(擬似的な30m18mラウンドです)
5年生以下の部は、18m12mラウンドです。

ちなみに私も急遽、射場に転がっている道具で組んでリカーブの6年生以上の部に参加しました笑
リカーブを射ったのは2年ぶりくらいでしょうか。

 

さて予選では、5年生以下の部で1位の子は690点を越えていましたし、2位の子でも680点を越えていました。
5年生でこのスコアということは、来年が楽しみですね。

6年生以上の部の予選では、私が1位でした。(まだ子どもたちに負けなくて良かった…笑)
引く力がなさすぎて震えまくっていましたが、何とか耐えました笑

そして2位の子は小学6年生で、670点以上の点数を出してきました。
これは中学生の中に混ざっても、全国出場レベルの高得点ですね。
来年、中学生になってからすぐにでも、活躍できそうですね!

 

決勝トーナメントでは、見ごたえのある勝負が多かったですね。
シュートオフが発生する試合がいくつかありましたし、みんな緊張しながらもしっかりと射っていました。

5年生以下の部の決勝戦では、シュートオフで両者とも9点でした。
そして距離を計測した結果、4mm差で予選1位の子が優勝しました!

 

6年生以上の部では6年生の子が2人出場しましたが、中学生たち(私も含めて)を圧倒し、決勝戦に進みました。
そして7月の全日小中学生で日本一にも輝いた、田中大結くんが優勝しました!

 

急遽開いた試合でしたが、子どもたちの夏休みの頑張りを発揮する場になったと思います。
夏休み中、毎日練習に来ている子も多いですし、朝から夜まで練習していた子もいました。
またインドアや、来年のシーズンに向けて頑張っていきたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top