県体は初心者組が大活躍でした!

こんにちは。

今日は県体の様子や感じたことなどを書きたいと思います。

 

まずコンパウンド30mWでは男女ともに、今大会がデビュー戦の人が優勝しました。
2人ともアシストカップには参加しましたが、公式戦は初めてです。
緊張したと思いますが、終始安定したスコアを出していました。

同じ部門には試合を何回か経験している人も出ていましたが、その方たちは的間違いをしてしまいました笑
少し経験がある分、負けられないという気持ちがあって、余計に力が入ってしまったのでしょう。
これも経験ですね。

 

リカーブ30m男子では、昨年小学生10mで優勝した子が、2連覇を成し遂げました。
何年も経験のある大人と混じっていたのに、素晴らしいですね。
昨年が10mなので今年は20mが妥当ですが、1個飛ばして30mに挑戦しました。

 

そして20m、10mはそれぞれアスリートコースの小学生が優勝しました。
どちらもアーチェリーを始めて1年未満の子です。

20mには4人、10mには5人の小学生が出ていました。
特に10mでは2位との差が4点と、非常に接戦でした。

 

こんな感じで、今回は初心者組が大活躍してくれましたね。

それに比べて、ベテラン組(ベテランと言っても数回の試合経験の差ですが)はもったいないミスが多かったですね。
私も優勝はしましたが、50mでMを射ってしまいました笑
どんな試合でも油断は禁物ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top