的に気をつけて!

アーチェリーは競技中の事故や怪我が、ほとんど起こらないスポーツです。
起こるとしたら、矢取りの時に後方を確認せずに抜いてしまう事で、他人に刺してしまうくらいでしょうか?

接触のあるスポーツに比べると、遥かに安全なスポーツですよね。
ルールやマナーさえ守っていれば、ほとんどリスクはありません。

 

しかし、競技以外で怪我をする事は多少なりともあります。

実際に昨日、レッスン中に的紙で指を怪我しました
的を貼り替える時に、100枚ロールに輪ゴムをかけようとした時にやってしまいました…

そこそこ深く切ってしまったので、血を拭きながらレッスンしましたね笑

 

他にはポイントを付ける時にホットメルトで火傷したり、サービングを巻いたりする時に糸で切ってしまう等、チューニングや作業中の怪我が多いでしょうか。
硬いネジを無理やり緩めようとして、指を詰めたりすることもあります。

 

どれも軽傷で済む程度の怪我なので、大事にはなりません。
しかし引手の指など、繊細な感覚が必要な部分を怪我してしまうと、パフォーマンスに影響が出ます

チューニング等の作業をする時は、怪我をしないように注意してください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top