指先のケガには注意しましょう!

こんにちは。

今週から一気に寒くなりましたね。

ワールドマスターズゲームズが、もしかしたら2026年まで延期されるかもしれないみたいですね。
もしそうなれば、私も参加権を得られるかもしれないので、個人的には少し嬉しい面もあります笑

 

さて、この寒い時期に気をつけないといけないのは、ケガですね。
十分なウォーミングアップをしないまま練習をして、肩を痛めたりするのはよくあります。

実際、私もここ数日は体が固まっているのを実感しています。
その状態で負荷をかけると、痛めてしまうんですね。

 

そして、指先のケガにも注意しなければなりません。

昨日小学生の一人が、引手の薬指の先を学校でケガしてきました。
引手の指先は射つ度に、強い負荷がかかります。
よって、ケガが治りかけていても、弦の圧力で傷口が開いたりするんですね。

 

特にこの寒い時期は、皮膚が乾燥して治りにくいです。

これは私も経験があって、高校1年生の冬に引き手の中指が乾燥して、ひび割れのようになりました。
最初は小さなケガだったのですが、練習するにつれてひび割れが大きくなり、ひどい時には2〜3ミリくらいの深さになっていました。

一旦そうなってしまうと中々治らず、1ヶ月以上痛みを我慢して練習していました。

 

そんな事にならないためにも、ハンドクリームを塗ったりして乾燥を防ぐことが重要ですね。
そして普段の生活でもケガをしないように気をつけましょう。
引き手の指は、アーチャーにとって一番大切な部分ですからね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top