攻めて射つ!!

こんにちは。

未経験の人は、アーチェリーについて静かで大人しいスポーツというイメージがあると思います。
しっかり集中して、微動だにせず、体が固まっていると思われがちです。

しかし実際は、攻める気持ちというのが意外と大切です。
気持ちが守りに入ってしまうと、いい結果に繋がりません。
体も固定するのではなく、柔軟に使いながら再現性の高い動作を行っています。

 

まだ国内で正式にアナウンスされていませんが、来年度から行射時間が短くなるという噂がありますね。
今まで1本あたり40秒だったのが、新ルールでは1本あたり30秒に短縮されます。

1エンド6射なら3分、3射なら1分30秒になります。

 

大抵の人は、引き戻しせずにスムーズに射てれば、その時間以内に射ちきれるはずです。
しかし、3分で射ち終わる計算をすると残り時間が無くなるので、30秒は残すとして最低でも2分30秒くらいで射ち終わりたいですよね。
そうなると普段どおりでは間に合わない人も多いはずです。

 

そこで、これからはより「攻めて射つ」というのが大切になってくると思っています。
リカーブなら攻めてリズムよく射てば、1分30秒〜2分以内、コンパウンドなら2分前後で射ち切れるはずです。

また、3分だろうが4分だろうが時間に関係なく、攻めてリズムよく射つ方が当たります
これからは強制的にそうならざるを得ないと思いますが、今のうちから練習しておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top