矢の点検をしていますか?

今日、他クラブの方のレッスンをしていた時、急に空射ちをされました。
矢をセットしていたのは私も見たので、ノックのはまりが浅かったのかと思いました。

しかし落ちた矢を見てみると、ノックが縦向けに裂けていたのです。
もしやと思い他の矢をチェックしたところ、残りの矢のノックが全てひび割れていました笑

1本や2本、ひび割れノックを使っているのに気付かない人はたまにいますが、全滅しているのは始めて見ました。

 

自分の使う道具を点検するのは、当然のことです。
必ず定期的にチェックするようにしてください。

なぜそんなに重要なのかというと、安全性を損なうからです。
もちろん、点数を出すためというのも大切ですが、何より安全にプレーするのが第一ですからね。

 

そして数ある道具の中で、一番安全性に直結するのが矢です。

もし弓が壊れたり、リムが割れたとしても大怪我することは少ないでしょう。
ハンドルが割れても即座に分解する事は少ないですし、リムが割れて飛んだとしても的側に吹っ飛んでいくだけで自分は無傷なことが多いです。

しかし、射つ瞬間に矢が割れてしまったりすると非常に危険です。
私の知っている事故だと、矢が押手の甲に刺さって貫通したというものがあります。

そういったことのないように、シャフトにヒビが入っていないかどうか、ポイント・ノック・羽が正しく付いているかどうかなどをチェックするようにしましょう。
特にシャフトのヒビは、重大な事故の元になる可能性があります。

 

確認の頻度は、練習する時は毎回です。
羽が破れていないかどうかと、ノックが壊れていないかは、毎エンド確認するくらいの方が良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top