2021年の目標(昨年の反省)

あけましておめでとうございます
本年もアシストアーチェリーをよろしくお願いいたします。

さて、2021年も始まりましたね。
年が始まったらまずやる事、それは目標を立てることですね。

その目標を立てるには、昨年の目標をどれだけ達成できたかを振り返る必要があります。
ということで、今回はその振り返りをしたいと思います。

 

昨年の目標は、事業・指導者・選手の3つの面から立てました。
詳しくは1年前のブログで
2020年の目標
数が多いので、少しずつ結果を書いていきます。

 

・屋外射場の確保
これはまだ未達ですね。
しかし完成してないというだけで、話は進んでいます。
まだ公表できる段階では無いので詳しくは書けませんが、今年中に実現する可能性があります。

・スタッフの増員
これは達成できましたね。
4月から9月までは藤田がいましたし、10月からはアルバイトを1名増員しました。

・オリジナル商品の拡大
これはあまり進んでいません。
スタビホルダーの発売と、いくつかの試作品だけです。

 

・教室受講者さんの全国大会出場
これはコロナさえ無ければ、達成できたんじゃないかと思います。
小学生で全日本GAカップに出場できるレベルのスコアを出した子がいましたからね。

・いい雰囲気のクラブを作る
これは自信を持って達成できたと言えます笑
小学生たちは仲良く練習していますし、大人の方同士も交流を深める機会が増えました。
一つのチームとして、いい方向に進んでいますね。

・一人前の選手を育成する
これはルールを始め、チューニングやフォームの基礎などを理解し、1人で問題に対処できる選手を育成するという目標でした。
ですが、チューニングなどは私がほとんどやっている状況なので、未達でしょう。

 

・日本記録更新
これは未達ですね。
ターゲット・インドアともに、自己ベストを2点更新したに留まりました。
少しずつ進んでいるとは言え、これでは日本記録を更新するまであと数年かかってしまいます。
今年はもっと加速させていきたいですね。

・リカーブの復活
・ベアボウへの挑戦
これらはほとんど出来ませんでした。
言い訳をするなら、教室が忙しくなってそれどころじゃなくなったという感じですね笑
コンパウンドの練習で精一杯でした。

 

達成できた目標、前進した目標、未達の目標、それぞれ均等になった感じですね。
昨年はアーチェリー教室の運営に一番力を入れていました
それに関する目標は達成できた点が多かったので、良かったです。

その分、オリジナル商品やリカーブ・ベアボウへの挑戦などが、疎かになってしまいました。
このあたりは別に怠けていた訳ではないので、割り切るとしましょう笑

悔しいのは日本記録更新ですね。
一昨年から掲げている目標ですが、中々進んでいません。
練習ではそのスコアが出せているので、実現できるはずです。
ただ、それに対する具体的な行動が出来ていたかと言われれば、疑問点もありました。
もう一度自分を見つめ直したいと思います。

 

さて、昨年の反省はこんな感じですね。
次回は、今年の目標について書きたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top