コンパウンドアーチェリーを紹介!

引いてる所はこちら↓ 昨日紹介したリカーブと比べてみると弓自体がかなり違うのが分かると思います。 弓の大きさはリカーブの半分から3分の2くらいですし、弦が3本もあります。 そして弓の上下にはカムと呼ばれる滑車がついています。 このカムの作用によって、コンパウンドは引けば引くほど軽くなっていく(引く強さが弱くなっていく)のです。 弓の引く強さの単位は、リカーブもコンパウンドも「ポンド」で表されます。 リカーブの強さは男性用で40ポンドくらいが平均的です。 コンパウンドは引いてる途中までは60ポンド近くあるのですが、引ききった状態だと20ポンド以下にまで下がるのです。 また、リカーブでは弦を指で引くのに対し、コンパウンドではリリーサーと呼ばれる発射装置を使って弦を引きます。 上の写真で私が使っているのは、肘に装着して人差し指でトリガー(引き金)を引いて発射するタイプのものです。 ちなみに発射機構以外は全て自作です笑 これ以外にも種類がたくさんあるのですが、それについてはまた後日。 コンパウンドもリカーブと同じでターゲットがメインの競技となります。 コンパウンドは50m先にある直径80センチの的を撃ちます。 配点は122センチ的と同じなので、最高得点の範囲は直径8センチです。 リカーブは70m先の122センチ、コンパウンドは50m先の80センチと、距離が近くなった分的も小さくなっています。 この大きさの差があるので、見かけ上はほぼ同じ大きさになります。 ただ、コンパウンドはリカーブよりも命中精度が良いので、世界のトップクラスになると72射中、3〜5本くらいしか9点に外しません。 日本の上位クラスでも8割から9割近くが10点です。 さて、次回はベアボウについて解説していきたいと思います。]]>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top